書き殴る系の勉強に

先日、無印良品の「らくがき帳」を購入しました。
これ、書き殴る系の勉強にちょうどいいんですよね〜。

無印良品のメモパッドとらくがき帳

書き殴る系の勉強というのは、英単語などを覚えるためにひたすら書くタイプの勉強のことです(そのまんまです)。
発音で覚えていると、末尾の「-ce」と「-se」を間違えたりするので、書いて書いて書きまくることで、誤ったスペルを綴ってしまった際の違和感に気付きやすくしたりします。

今まで、不要なDMなどの裏紙を利用していたのですが、とうとうストックが切れてしまいました。
で、どうせなら大好きな無印良品のグッズにしようと思い、買ったのが「らくがき帳」です。

紙の素材がちょっと藁半紙ぽくて、消しゴムはかけづらそうですが、わたしが書き殴る系の勉強をする際は、消しゴムを使わずにぐしゃーっと横線を引いてなかったことにするので問題なしです。
罫線がないのも好み。
80枚もあって90円。もちろん表裏使います。
コストパフォーマンス的にもよくて、気に入っています。

同じタイミングで購入したのは「メモパッド」です。
平日の通勤中、スタディサプリEnglishの会話文まる覚えというのをやっていて、その会話文を、以前JAXAかNAOJの特別公開でいただいた衛星「ひので」のメモ帳に書いていたのですが、そのメモ帳が尽きました。

移動中にポケットに忍ばせて、歩きながらちらちら見るので、帰ってくる頃にはボロボロになります。
使い捨て感覚で使えるメモがいいなあと思っていて見つけたのが、このメモパッドでした。
A6サイズ、200枚で80円。
こちらも素材が藁半紙ぽくて、使い捨てするのに罪悪感がありません。
余計な装飾が全くないのも最高です。


外出しても、今はいろんなリスクが増えるだけなので、今日は自宅で大人しく家事と勉強をしていました。
早くいろんな混乱が収まって、カフェ勉したいなあ。

プロフィール

やすなり近影

やすなりゆきよ(yukiyoYasunari)

海潜(うみもぐ)イラストレーター。

趣味のスキューバダイビング繋がりで、イラストやデザインのお仕事をいただいたりしています。

検索

  • ページ上部へ