英語の息抜きに漢字

「社会人の常識漢字ドリル」語研編集部編
最近、英語の息抜きに漢字をやる、という、客観視すると不思議なことをやっています。
たぶん「書く」という行為が好きなんだと思います。

「社会人の常識漢字ドリル」語研編集部編
「社会人の常識漢字ドリル」語研編集部編

政治・経済から会社内外で使うものまで、社会人の身近にある漢字ばかりが載っています。お役立ちです。
ニュースなどで聞いたことがあるのに、いざ書こうとすると書けないものが多く、答え合わせで正しい漢字を目にして「あー!これだー!!」ってなるのが楽しいです。

覚えたい英単語や漢字をひたすら書き殴っていると、ちょっとしたトランス状態になります。
終わった後は、それまで気になっていた細かい物事が頭からすっ飛んでいるので、写経的瞑想っぽい感じです。


本当は漢字検定を受けたいのだけど、既に2級まで持っているので、次は準1級を受けることになります。
準1級は取り組みだすと、息抜きどころかすっっっっっっごい消耗するのがわかっている(経験済み)ので、なかなか踏み切れません。

ちなみに準1級は2度受けて、2度とも6割5分程度しか点数が取れませんでした(合格ラインは8割)。
2級と準1級の間には底なしの谷、もしくは、どこまでも高くそびえ立つ壁が存在するんです。怖いですね〜。

プロフィール

やすなり近影

やすなりゆきよ(yukiyoYasunari)

海潜(うみもぐ)イラストレーター。

趣味のスキューバダイビング繋がりで、イラストやデザインのお仕事をいただいたりしています。

検索

  • ページ上部へ