草津温泉 旅館たむら(そのほか編)

先日の草津温泉ひとり旅でお世話になった旅館について、お部屋編お食事編お風呂編・そのほか編に分けてつらつらと書いていきます。
最終回はそのほか編(立地やサービス、お部屋以外の設備など)です。

早朝に撮影した外観。
2階の左から2番目がわたしが泊まった部屋(と思う)。

湯畑まで徒歩3分程度の好立地にありますが、どの通りから来ても割と急めな坂が避けられません。まあ、この土地全体がそういう地形なのですが。
でも駐車場もあるし、車で来るなら全く問題なさそうです。
14時以降の早めの時間にチェックインして宿の駐車場に車を置き、湯畑周りの散策に出かけるという手もありますね。

サービスは、ほどよい距離感なのがわたし好みでした。
ひとりで来ているからと言って、必要以上に話しかけられたり、勧められたりせず、いい感じの放置具合がよかったです。
困ったことが起こらなかったので、特にわたしから宿の方に接したりすることはなかったのですが、親切に対応してくれそうな雰囲気です。

気を遣われることで気疲れしてしまったり、自分ことはある程度自分で、というひとに向いている宿だと思います。

和の佇まいがいい感じ。

宿の玄関を入ってすぐのところに、スキー板等の道具を置いておけるスペースもありました。
今シーズンは雪が少なそうだけど、車で15分くらいのところに草津国際スキー場もあるし、スキーヤー・スノーボーダーにも良いんじゃないでしょうか。

あと、女性限定で可愛い浴衣の貸し出しがあるようです。
湯畑近辺を散策する時に着ると楽しそう。
わたしはもう、チェックインしたら宿から一歩も出ないと決めていたので、お部屋にあった宿名が入った浴衣とどてらでダラダラしてました。


わたしが利用したプランは、
1泊2食+上州牛プラン:税込15,000円です。
この料金に、別途入湯税150円がかかります。
お部屋食は基本料金に含まれていますが、夕食時などにアルコールを頼めば、その分がプラスされます。

予約時のお知らせに「宿泊代は現地で」かつ「カード払いできません」とあったので現金を用意して行きましたが、受付にカード払いについての記載があり「?」となりました。
カード使えるならカードで払いたいなと一瞬思ったけど、小さな宿だし、カード払いによる宿側の手数料負担をつい考えてしまい、現金で支払いました。
公式サイトにも「カード利用不可」とあるし、方針としては現金払いなんだと思います。

わたしは楽天トラベルで見つけて予約をしましたが、公式サイトの方で予約をすると、ひとり当たり500円割引かれるらしいので、カードも使えないし、ポイントが〜みたいなこだわりがなければ、公式サイトの方がよい気がします。
(わたしも次に予約するときは公式サイトからしようと思う)

以上、お世話になった宿についてはこれにておしまい。
公式サイトの写真は、ほぼそのまんまで過剰演出などはされておらず間違いないので、興味のあるかたはサイトを見てみると、より詳しく雰囲気がわかって良いと思います。

草津温泉の小さな湯宿|旅館たむら【公式サイト】


宿についてはおしまいですが、あと1回、草津温泉で立ち寄ったところや食べたものを書こうと思います(まだまだひっぱる草津温泉ひとり旅…)。

プロフィール

やすなり近影

やすなりゆきよ(yukiyoYasunari)

海潜(うみもぐ)イラストレーター。

趣味のスキューバダイビング繋がりで、イラストやデザインのお仕事をいただいたりしています。

検索

  • ページ上部へ