ハプスブルク展(東京上野・国立西洋美術館)

本当は冬季休暇中に行こうと思っていたハプスブルク展に、ようやく行ってきました。
混んでいましたが、ハプスブルク家の栄華の極み、みたいな雰囲気が展示物から溢れていて満足しました。

ハプスブルク展(国立西洋美術館〈東京・上野〉)
エントランスがめちゃくちゃよかった。
(夜はバックの英字が光るらしい)

開館15分前に着いたのに、すでに列が出来てました。
週末(そして連休)の大きな展覧会をナメてましたね〜。

開館後は、チケット購入に5分程度、エントランスにたどり着くまでに更に5分程度待ちました。
館内も混雑していましたが、音声ガイドを借りていたおかげで結構ちゃんと観れました。


展示を観ていて気付いたのですが、わたしはコレクションそのものを観るというより、あの時代の雰囲気に浸りに来たんだなと思いました。
ゴージャスなドレスや装飾品、そして調度品。豊かな時代の象徴たちを展示物から見出し、ひたすらうっとりしていました。

芸術観賞としての感想を言うと、印刷物やWeb上に掲載されているものの100倍くらい実物の展示物の方が美しくて、感動しました。
エントランスにあるマリア・テレジアの肖像画は、実物の方が断然迫力あるし、エリザベトの肖像画も、目を離すのに後ろ髪引かれる思いがするくらい美しいです。
絵画に生命が宿るとはこのことか、と思いました。

それにしても、どう描いたらあんなに光りが透けるような美しい肌を表現できるんでしょうか。混雑の中で出来る限り近づいてまじまじと絵の表面を見てみましたが、全然わかりませんでした。笑。


音声ガイドの話。
今まで借りたことがなかったんだけど、今回は梅原裕一郎さん(ユージン@鉄血のオルフェンズ)だと知り、初めて借りてみました。

いやもう、梅原さんの声が王子っぽい雰囲気で最高だった(笑)というのもあるんだけど、内容が充実しているし、音声が流れていることで周りの話し声や雑音がほぼ気にならずに展示を観賞できたし、これが550円だなんて素晴らしい、と思いました。
今まで行った展覧会で借りなかったことを、めちゃくちゃ悔やみました。特に貴婦人と一角獣展(ガンダムのシャア役の池田秀一さんが音声ガイドだった)。


Today, I went to Ueno for the exhibition “The Habsburg Dynasty 600 years of imperial collections”.
I went to Ueno station for a long time, there had been finished repair work and so beautiful.

The exhibition was so great. It made me so happy and feel fulfilling.

プロフィール

やすなり近影

やすなりゆきよ(yukiyoYasunari)

海潜(うみもぐ)イラストレーター。

趣味のスキューバダイビング繋がりで、イラストやデザインのお仕事をいただいたりしています。

検索

  • ページ上部へ