我が家のまな板収納

何度も書いてますが、シングル向けの1Kに住んでいます。
キッチン狭いです…が、SNSとかでひとり暮らしの方のキッチン写真を見ていると、どうやらウチは広い方みたいです。

とはいえ、そんなに広くありません。
作業台は幅15センチ程度で無に等しいので、調理する時はシンクの上に水切り?を渡してスペースを確保します。

そんなキッチンで、一番悩んだのがまな板の収納でした。
キッチンは玄関入ったらすぐ目に入る場所にあるので、できる限り調理道具は収納したい。でもまな板は洗った後すぐには乾かないし、できるなら出しっぱなしにしておきたい。仮に出しっぱなしにするとしても、掃除の時に邪魔だから、作業台の上には置きたくない…。

そんなジレンマの中で生まれた策が、吊り戸棚の下にタオルバーを2本並べて設置して、まな板をその上に渡す、という方法です。
(説明読むより、画像を見たら一発です)

下から覗き込むとこんな感じ。
通常の視線だと、手前の照明に隠れてあまり見えない。

洗った後、ある程度水を切ったら、乾くの待たずに片付けられます。
仮に水切り不足で水滴が落ちても、すぐ下はシンクなので問題なし。
予想してたよりみっともなくないし、我ながらうまいことやったな〜と気に入ってる工夫ポイントです。

ちなみに使ったタオルバーはダイソーです。
最初、吊り戸棚に設置できる棚を買おうかなんてことも考えていたけど、合計216円(当時)で予算的にもいい具合に収まりました。

こういう一か八かみたいなお試しの時、100均っていいんですよね。

プロフィール

やすなり近影

やすなりゆきよ(yukiyoYasunari)

海潜(うみもぐ)イラストレーター。

趣味のスキューバダイビング繋がりで、イラストやデザインのお仕事をいただいたりしています。

検索

  • ページ上部へ